2017年11月 2日

物凄く久々の更新

急にやる気?が出たのかずっと前からMovable type古いままで警告出てたページを

頑張って新バージョンへ移してみました、念願の動的スタイル変更

何か不具合出てないか様子見しつつの運用

買ったもの

DLttzabV4AADUrO

Pc再セットアップしてスキャナ登録せねば…

2017年4月16日

拍手お返事、と久々の更新

2016/06/26
13時
https://yu-hi.sakura.ne.jp/hinabita/archives/2016/05/08075535.html
やる気になったときやりゃーいいんだよ みつを

そんなこんなで今日になってしまいました
googleからモバイル非対応とhttps非対応を頻繁に警告されていたので
急に思い立ってブログのスタイルシートをいじってみました
昔のブラウザはhttpとhttpsのソースが混在していると重度の警告をしてきたのですが
今のブラウザは!つく程度なのでお外のバナーやらがhttpでもそこまで気にしないで良さそうなので
とりあえず自鯖だけhttpsに移してリンクも貼り替えてみました
しかし過去記事内に直記したhttpは今のところそのままです

https://search.google.com/search-console/mobile-friendly

後んなんかこんなサイトに誘導されたのでできる限り対応してみました

https://yu-hi.sakura.ne.jp/hinabita/indexlite.html

https://yu-hi.sakura.ne.jp/hinabita/indexkeitai.html

とカテゴリ個別記事などは対応済、このトップだけは未対応という感じです
マイクロソフトのユニバーサルアプリみたいに解像度ゴリゴリ変えても
動的に再配置するようなアレが再現できれば良いのですがとりあえず切り替えで何とか...
後日横幅サイズで動的に再配置できるようなcssに出来ないかまた試そうと思います

昔はwebデザイナーのお仕事をしていた時期があったのですが
ずっと離れていてレスポンシブデザインとかに疎くなってしまいました

https://twitter.com/hinabita

最近はツイッターで簡単なテキストは呟いていましたが
ツイッターが微妙に統制的というかBANが怖い世界になった感があって
避難所ますとどん鯖をここに立ててほぼ個人用にしようか悩み中で
その辺もあって久々にページに手を入れたところで元気切れでした
https://t.co/1HgRVF0lAh
都築和彦さんの影響でにわかな古代史ファンになってしまいTLが概ねそんなですが...

http://www115.sakura.ne.jp/~byunbyun/wonder1/wonder01.html

元々オカルトと邪馬台国好きだったのでここの文章ではまってしまいました
実はネオランガ好きとは全然関係ないところからのハマりでした

C61fcuIVoAAysgm

蚩尤ボディぺゆうぴー

Cw_KJbKUkAUYoc-

アイコン用ゆうぴーキャッツ

なんかロシアからコメントspamがすごい来てたのが謎です、数字認証抜けて来るようになったっぽい?
googleのOAuth認証がうまく使えない...コメント通らなかったら拍手か何かで...よろしくお願いします

新しいOpen Live Writerのテストを兼ねて投稿

2016年5月 8日

拍手お返事

2016/05/06 拍手時間 拍手回数 コメント

05時 2回 生きとるかー?

すげえ!数年ぶりに拍手もらった気がする!ありがとう

そして生きてはいたけど何もやってなかった…

何だかなー

2015年4月 8日

テスト投稿

あいぽんから投稿てすと

ここ2年の衝動買い
nexus2013 iPad retina 新しいデスクトップPC
新しいサーバーPC TVチューナ dmc-ft5 NECのモバイルルータ
ダイソンのハンディ掃除機 qh55/m iPhone6plusとサプライ品

役に立ってるのはダイソンとqh55/mかな…

2014年12月10日

凄く放置してしまった…

なかなか今年は元気のない一年だった
学生時代から忌引以外は皆勤だったコミケを夏休んでしまった上に
多分冬も行かない気がする…
12月14日でまた誕生日なので来年の抱負、もうちょっと活動できるようにする事
年末に衝動買いでダイソンハンディ掃除機買ったりqh55/m買ったりして
お陰でコミケ資金尽きちゃったけれど掃除やお絵描きの敷居を下げるだけ下げてみたので
後は部屋片付けを何とかして来年こそここ近年の分を少しでも取り返せるよう頑張りたい

何か凄くつらい気分で買い物したら埋まるかなと思ったけれど
全然変わらないですね、げんきでろー

去年祖母亡くなったりでお年賀描かなかった理由にしてたけれど
今年も元気不足で厳しいかも知れない…ゆうぴー誕生日絵放置の続き
qh55/mが帰ってきたら描きたい

今年もありがとうございました
ここ見てる人もう居ないかもなー放置し過ぎて…
来年もよろしくお願いいたします

2014年3月 5日

去年の暑中見舞い絵 ネオランガ

2013迎春ネオランガ夕姫誕生日022.png

去年の今頃描いていてzfsのraid目一杯使ってるドライブに定期的に上書き保存してたら
freenasが起動しなくなったといういわくつきのファイル
ほぼ満タンドライブ+重複排除は作業領域無くなって落ちるっぽい?
重複排除のせいでは無いかもしれない、完成絵をずっと上げてなかった
https://yu-hi.sakura.ne.jp/hinabita/ranga/cgs/hinabita/2013_geisyun_neoranga022.html
去年の暑中見舞いで、実は早々にweb拍手ページには掲載していました
いつも時節の挨拶はひと段落つくまでweb拍手ページのみの掲載だったりします
押してね

https://monapay.com/mona/confirm/gHWGwA2ETcR/
試しにclippaint形式のファイルとかをmonapayで配布してみました
http://monafun.wkeya.com/project/detail.php?id=470
カウント監視はここで出来たりします、1回分9.9monaは自分で買った分です
買ってね…

https://yu-hi.sakura.ne.jp/hinabita/ranga/
そして2年近くぶりにネオランガ特設ページ更新しました
時節挨拶関係で色々思うところあったり物ぐさだったりで全然更新止まっていて
その間にも一杯ネオランガの画像を貰いました、ありがとうございました
げっ歯類さんにも山ほど貰ったのですが多すぎて整理がついていなくて
取りあえずいったん公開という形です

 

2014年2月 2日

うみねこのなく頃に 戦人犯人説 幾子ヤス説 のアンチミステリー解釈などネタバレ

なぜかいまだにうみねこの真相をググってさまよってここにたどり着く人が多い
うみねこのなく頃に 戦人 犯人、などで探している模様
それだけ何か漫然と納得のいかない人も多いんだろうか…?
コンシューマ版のうみねこが完結したことも影響しているのかもしれない、それにしては長いが

で、あれから今でも時々うみねこの事を考えるのですが(私はうみねこのなく頃にが大好きなのです)
前のレビューでは戦人犯人にしたいがために非論理的に文章書いてたなという気もしたので
落ち着いた今もう一度あの話はどういうことだったのだろうかと思い返してみる

もうかなり経ってるしうみねこのネタバレずらずら書きますが一応注意
(虚無の供物という昔のアンチミステリ小説のネタバレ?も含みます)

まずEP8の現実世界に見える部分は現実じゃなく物語なので
現実世界の平文では嘘がない、が適用できないのではないかという事を考えました
根拠の拠り所は現実世界で赤字(一なる真実の書に真実が書かれていると告げる)がある事
そもそも幾子と縁寿自体現実では会っていないのに会った現実風物語シーンがあるので
現実シーンに見えるシーンでも実際の現実ではないというのはあるのではないか
これで漂流戦人が幾子に拾われた現実シーンがある=これまで嘘としたら何も信じれない、というのは
EP8自体犯人の描いた物語だから都合の悪い部分は嘘、と言えなくもないのかなあとも
(それでは何も信じられない、という事については本当に、どう反論していいかは難しいですが)

各エピソードってどこまでがどういう物なのかという事も改めて考えさせられました
前節で幾子と縁寿が会ったシーンが物語部分だとか言っておきながらそれを根拠にするのが何ですが
幾子の書いた初公開の偽書を読んだ縁寿が「勝手に私を登場させて面白おかしく書きやがって」云々と
言うシーンがあるので、これにより上位シーンに当たる部分(縁寿が飛び入って戦人を助けるシーンなど)が
それまで公開された部分(ボトルメールや世の中に出回っている偽書)には無い事が伺えます
ボトルメールEP2も魔法記述(密室で朱志香と嘉音が殺されて嘉音だけ消えるシーンとか)は書かれていても
上位シーン(戦人がベアトと犯人当てで論戦するシーン)とかは公開されていないのでしょう
つまり赤字などの絡むシーンは全部世の中に出回ってない幾子の偽書なのではないかと、
EP3の中核のベアト戦人がエヴァと戦うシーンなども全く世の中には出てないんじゃないかな?と思うのです
特にEP3から上位シーンを抜いてしまうとかなり印象が変わる気がします(絵羽が銃を撃って戦人を殺して終わる?)
またEP4以降はどう公開されたものなのか、どこまで公開されているのか良くわからないですが
全体を通してベアトと戦人が上位世界で争うシーンは幾子が書いた追加エピソードみたいなもので
縁寿が読むまで全く世の中に出てなかったように見受けられます(シーン自体が創作なので何とも言えませんが)
事件の真実とは直接関係ないまでもこの辺のことはやっぱり物語上理解しておかないといけない気もします

また作中での真実隠しの理由には「陰惨な事件だったものの爆発事故で全滅という結果しか残っていない以上
創作なら幸せな家族だった事にも出来るので死者と遺族の為にもそういう事にして欲しい」という戦人の願い
という理由付けがされているのですが戦人犯人に思えてしまうのはその執拗な真実隠しが胡散臭く見えるせいもあるし
作中で戦人の両親が虐殺の初陣を切ったという描写と生き残った絵羽が縁寿に真実を告げられないという事で
戦人両親の犯行が真実=ベルンの明かした真実が正しそうな上に、何らかの方法で戦人が脱出艇を見つけている
=描写では早々に死んだベアトが魔法EDの脱出シーンと同じく生きていたのではないだろうかという辺りや
(銃で至近距離から撃たれた絵羽が怪我で済んでるので空砲などになるよう銃に細工があったのではないだろうか?)
ベアトが入水自殺し戦人が後を追った=六軒島にベアトとしての自分と戦人としての自分を置いてきた二人の描写で
それが戦人の記憶喪失設定ならヤスがベアトを捨てて幾子になっててもおかしくないのでは?と思える事
唐突に出てきた謎の人物八城幾子よりも脱出艇まで用意していたヤスが脱出後の生活基盤として作っておいた別荘
偽名等が八城幾子になったと思った方が理解できる、10億円の入ったカードや遺族へのプレゼントなどもある
ヤスが生きているなら戦人が生存者として名乗り出れないのも分かりやすい(共犯か支援者だから)事もあって
真実隠し=ヤスが生きていて戦人が共犯か支援者、という構図に見えるのも大きいと思う
時効後に出てきた事もあるし絵羽が生きている時には偽書EP3を八城一八が公開している理由や
絵羽死後に留弗夫夫妻犯人説が巷に上った途端「犯人探しは下衆の行為」と言いだしたり
一なる真実の書公開騒動を起こしたりして火消しを行っているのも怪しく見えてしまう
(騒動は赤字が出るので「現実風物語」という論拠とこの部分では相反してしまうのですが)
また一なる真実の書が絵羽の描いた日記であるとは言っていないが真実が記されているとは赤字で言っている
=真実を描いた幾子(一八)の偽書でも可能、という点も何か含みがあるような気がしてしまう

幾子がヤス説については作者は一応否定はしていない
対談謎本の著者が作者と対談の中で幾子はヤスとは思えないという旨の趣旨の内容を書いているけれど
ほぼ明確に否定しているのは手品エンドの縁寿が戦人犯人かもしくは家族が犯人にまでたどり着いている事だけ
作者は手品エンドの縁寿は相変わらず絵羽を犯人だと思っているのでBADENDだろうと書いている
そういう意味では幾子ヤス説にはまだ生存の余地があるように思える
そんな説もあるよね的に作者の歯切れが悪い理由がわからないのがちょっと難しいが
虚無への供物と同じく「物語中で解ける犯行を解決せず事故だったとして完全犯罪で終わってしまう」ネタとみれば
話の根幹にかかわる最後のネタバレになるので明かせず歯切れが悪い、とも言えなくもない…のか?
虚無への供物も「アンチミステリ」と呼ばれているしそういう解釈ならば正しく「アンチミステリー」なのではないか?とも
(私はアンチミステリーとは解ける犯人を上げず物語もミステリーではなかった風に完結する事だと解釈しているので)

ここで度々書く余談でEVE burst errorという剣乃ゆきひろの作品もアンチミステリーなんじゃないかと思っていて
この手のアンチミステリ(候補)は「そう読むと犯人が別に居るように見える」という謎本的解釈論になってしまい
作者が正解を公言しない限り「それは考えすぎで物語の結末が真実である」という声の方が一般的になって
普通の読み方が正しいのか穿った読み方が正しいのか、分からなくなってしまう
そして普通の読み方の物語を覆そうとしても作者の正解という錦の旗がない以上証明ができないのでとても難しい
剣野ゆきひろさんもEVEの犯人について、あれが間違いの犯人を上げる物語で真犯人が別に居るかどうかは
恐らくどこでもコメントしてないまま亡くなられたので真相は闇の中になってしまった気がしますし
(そもそも前述のようにそんな読み方自体が穿ちすぎの考えすぎ、という懸念も捨てられない)
うみねこについても結構な人数の人が「もやもやした何か」を抱えていてもそれが作者の意図した物なのか
一般的に言われているような作者の物語の不出来によるものなのかがどうにも証明できない
そういう意味ではやはり作者にアンチミステリか否かをどうしても公開してもらいたくなってしまうのです

幾子ヤス説は恣意的な論拠の考えすぎな話なのでしょうか…どう思うでしょうか?

2014年1月12日

今年もよろしくお願いします

誕生日には拍手来ませんでした!
(記事見てます拍手はありました、ありがとうございます!)

去年は色々あったのに何もできないで過ごしました
今年もすでに10日過ぎて同じような感じのすべり出しで
元気が全然なく喪中にかこつけてお年賀絵とかは準備できませんでしたが
本年もよろしくお願いいたします

ちょっとした日記

コミケは最終日だけ参加できました
ひのきさんや鳴神さんや佐々原さんやらいつもお世話になってる方々に
なんとかご挨拶伺ったりしたものの足痛かなりひどくてあんまり回れませんでした
その割には結構本は手に入れた感じですがやっぱり1日目参加したかったなぁという
1日目かりゃさん受かってて超久々に会いたかったです

ゲーム

NavyFieldが1・2両方サービス終了してしまって
いまはバラ氏に誘われたときに偶にWorld of Tanksをやっています
もともとWorld of BattleShipまで遊べればいいかな程度で
ガルパンの影響で始めたくらいの感じでしたが結構育ちました
ぽりきちさんがKV2好きだと言ってて以来気になってたKV2乗りです

欲しいもの

Oculus Riftで3DゆうぴージョエルのVRをやりたいです
それまでにblenderまた勉強しなおしてunity3Dも勉強したい
blenderのDriverとか懇切丁寧に教わったのに完全に忘れました…
新しいKinect解像度のCarmineが欲しかったのにprimesenseが売らなくなって
ASUSが出してくれるといいなぁ、Intelの奴はどうなるんだろうという気分

だるさが無くなった

病院でここ何年かで出た試してない新薬があるから試してみないかと言われて
今まで薬飲んでも何も変化がなかったので性格なんだろうと諦めていたのですが
飲んでみたら嘘のように今までのぐったり身動きできない辛いだるさが無くなりました
でもだるさと趣味事などが手につかないやる気のなさは別らしく何もできないままです
それでも布団から起き上がるのがきつくないだけでもマシになった感じです

yupmatome2013s.jpg

なんとなくそんな感じでした
今年もよろしくです

2013年11月24日

誕生日が来月です

ほぼ毎年報告してはお祝いの拍手頂いて嬉しかったので
12月14日は誕生日ですと記事を書いておきたい…
書いて来なかったら辛くなりそう

近況
9月頃から辛いだるさがなくなって楽に過ごしています
後はやる気だなあ…目下こたつを出す為の部屋片付けが出来るようになりたい
寒い...